Publication

2017

学術論文

  • 小林 展英, 森崎 修司, 山本修一郎, D-Caseを用いた安全分析結果の説明手法の提案, 情報処理学会論文誌,58, No.2, pp.521-530 (2017-02-15)
  • 山本修一郎、森崎修司、渥美紀寿、実践的保証ケース作成方式, SEC journal Vol.13 No.1, pp.24-31, Jul. 2017

全国大会

  • 上杉正紀,森崎修司,渥美紀寿,山本修一郎, 自動翻訳された日本語バグレポートを用いたバグ局所化の試行, 情報処理学会 第79回全国大会,1-254,2017年3月
  • 山本椋太, 山本修一郎,形式手法と保証ケースによるコンポーネントの妥当性確認方式の提案形式手法と保証ケースによるコンポーネントの妥当性確認方式の提案, 情報処理学会 第79回全国大会,1-264,2017年3月

国際会議

  • Takehiro Wakabayashi, Shuji Morisaki, Noritoshi Atsumi and Shuichiro Yamamoto, An Empirical Evaluation of Detecting Omissions by Comparing Words between Requirement and Architectural Documents, Proceedings of the 8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP), pp.12-17,2017.03

研究会

2016

学術論文

  • Nobuhide Kobayashi∗ , Shuji Morisaki, Noritoshi Atsumi, and Shuichiro Yamamoto, Quantitative Non Functional Requirements evaluation using softgoal weight, Journal of Internet Services and Information Security (JISIS), volume: 6, number: 1 (February 2016), pp. 37-46
  • 大林 英晶, 森崎 修司, 渥美 紀寿, 山本 修一郎,逸脱分析を用いた要求仕様書からのテスト項目抽出手法,情報処理学会論文誌,57, No.4, pp.1262-1273 (2016-04-15)
  • 奈加 大樹, 森崎 修司, 渥美 紀寿, 山本 修一郎,共通語彙によるソフトウェア設計書の評価にむけた分析,情報処理学会論文誌,57, No.5, pp.1464-1476 (2016-05-15)
  • Yoshimasa Masuda, Seiko Shirasaka, Shuichiro Yamamoto, A comparative analysis of the integration of Mobile IT/Cloud elements in Enterprise Architecture frameworks: towards the era of Digital IT, JBE20160919-2, pp. 1~8, 2016

国際会議

  • Shuichiro Yamamoto, A Human Activity based Operational Knowledge Elicitation Method, Procedia Computer Science, Volume 96, pp. 848-858, 2016
  • Nobuhide Kobayashi, Hikari Yamada, Hiroyuki Utsunomiya, Shuji Morisaki, Shuichiro Yamamoto, The Evaluation Knowledge of Standard Software Asset using The Seven Samurai Framework, Procedia Computer Science, Volume 96, 2016, pp. 782-790, KES 2016
  • Hiroyuki Utsunomiya, Nobuhide Kobayashi, Shuichiro Yamamoto, A Safety Knowledge Representation of the Automatic Driving System, Original Research Article Procedia Computer Science, Volume 96, pp.869-878, 2016
  • Shuichiro Yamamoto, Shuji Morisaki, A case study on architecture quality assurance service using O-DA, CENTERIS 2016, Book of industry papers, poster papers and abstracts of CENTERIS 2016, ISBN 978-989-97433-7-3, pp.185-193, 2016
  • Shuichiro Yamamoto, ACTOR COLLABORATION MATRIX FOR MODELING BUSINESS VALUES IN ARCHIMATE, pp.369-378, proc. Asia Pacific Conference on Information Management 2016, Vietnam National University Press, Hanoi, 2016
  • Nada Olayan, Shuichiro Yamamoto, System Thinking Approach to Create CONOPS for the Adaptive Enterprise Architecture, pp. 37-39, proc. on Asia Pacific Conference on Information Management 2016, Vietnam National University Press, Hanoi, 2016

ワークショップ/シンポジウム

  • 今西洋二,渥美紀寿,森崎修司,山本修一郎,阿草清滋, バリアントコードの改変履歴に基づく前処理条件の構造に関する特徴調査, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2016,pp.115-120, 2016-12-01
  • 山本修一郎、保証ケース作成支援方式について, SS2016, 6.7
  • Shuichiro Yamamoto, Nobuhide Kobayashi, Mobile Security Assurance through ArchiMate, mobisec 2016, IT Convergence Practice, Volume 4, Number 3, pp. 1~8, 2017

研究会

  • 山本修一郎, 協働プラットフォームによる社会技術コミュニケーション, 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会, 6p, 19巻, 2016-09-14
  • 山本修一郎, 看護マネジメント論と情報科学における知識流通の可能性, 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会, 6p, 19巻, 2016-09-14
  • 山本椋太, 山本修一郎, Event-Bによるコンポーネントの可変性検証手法, 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会, 6p, 19巻, 2016-09-14
  • 山本 修一郎, 森崎 修司, 渥美 紀寿, 近藤 純平, 大林 英晶, GSNレビュ実験と評価について, 人工知能学会 第18回知識流通ネットワーク研究会, 6p., 2016年3月
  • 林 祐介, 山本 修一郎, フィーチャモデルを用いたIT特許アイデア作成法の研究, 人工知能学会 第18回知識流通ネットワーク研究会, 6p., 2016年3月
  • 山本修一郎, 森崎修司, 渥美紀寿, 近藤純平,大林英晶, GSNレビュ実験と評価について, 人工知能学会 第18回知識流通ネットワーク研究会,, 3.1, 2016
  • 山本修一郎, 森崎修司, 渥美紀寿, 保証ケースの先端研修教材の試作と評価, 人工知能学会 第18回知識流通ネットワーク研究会,, 3.1, 2016
  • 小林展英, 宇都宮浩之, 岡戸 真一郎, 岡本 惇一朗, ソフト仕様記述票を用いたソフト仕様書の記述手順の提案, 人工知能学会 第18回知識流通ネットワーク研究会, 3.1, 2016
  • 林祐介, 山本修一郎, フィーチャモデルを用いた IT 特許アイデア作成法の研究, 人工知能学会 第18回知識流通ネットワーク研究会, 3.1, 2016
  • 山本修一郎、要求仕様化能力評価指標の提案, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会, 2016, 5.28

2015

学術論文

  • 猿渡卓也 , 丹羽隆 , 山本修一郎, ITシステムを利用するサービスのアシュアランスケース作成, IPSJ デジタルプラクティス,6(2),159-168 (2015-04-15) , 2188-4390

国際会議

  • Shuichiro Yamamoto, A Generic Assurance case development method, TOG Baltimore, RTES, 2015
  • Shuichiro Yamamoto, Assuring Security through Attribute GSN, ICITCS 2015, 5th International Conference on IT Convergence and Security (ICITCS), 1-5, 2015
  • Shuichiro Yamamoto, A Systematic Knowledge Education Approach for Safety-Critical System Development, KES 2015, pp.960-967
  • Nobuhide Kobayashi, Shuichiro Yamamoto, The effectiveness of D-Case application knowledge on a safety process, KE2015, pp.908-917
  • Shuichiro Yamamoto, An approach for evaluating softgoals using weight, ASIAARES 2015, pp. 203-212, 2015
  • Shuichiro Yamamoto, An approach to assure Dependability through ArchiMate, Assure 2015, pp. 50-61
  • Shuichiro Yamamoto, An assurance case review method using Systemigram, AAA2015
  • Katsuyuki Okamoto and Shuichiro Yamamoto, A Consideration for Local Software Industry Education Curriculum Development Method, ICKM 2015

研究会

  • 山本修一郎、エンタープライズ・アーキテクチャの潮流と課題, 電子情報通信学会 ソフトウェアインタプライズモデリング研究会, 2015,5.23 [特別講演], 信学技報, vol. 115, no. 51, SWIM2015-1, pp. 1-6, 2015年5月
  • 山本椋太, 山本修一郎, Atelier-Bによる形式検証手法の試行評価, 知能ソフトウェア工学研究会, 電子情報通信学会 技術研究報告, Vol. 115, No. 153, SS2015-29, pp.143-148, 2015年7月
  • 奈加 大樹, 森崎 修司, 渥美 紀寿, 山本 修一郎, ソフトウェア設計書と要求仕様書の共通語彙分析, 人工知能学会 第17回知識流通ネットワーク研究会, 6p., 2015年10月
  • 山本修一郎、ソフトウェアプロダクトラインに対する保証ケースの研究課題, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会, 2015
  • 山本椋太, 山本修一郎, ソフトウェアプロダクトライン開発におけるバリアント選択における形式手法適用上の課題, 日本設計工学会, 2015年度秋季大会研究発表講演会 講演論文集, pp.13-16, 2015年10月
  • 宮林 凌太, 渥美 紀寿, 森崎 修司, 山本 修一郎, 入力分析に基づくコード保証方法の提案, 知能ソフトウェア工学研究会, 電子情報通信学会 技術研究報告, Vol.115, No.281, KBSE2015-39, pp.17-22, 2015年10月
  • 若林 丈紘, 森崎 修司, 渥美 紀寿, 山本 修一郎, 要求仕様書と設計書における語彙の差分に関する分析, 情報処理学会研究報告, Vol.2015-SE-190, No.20, pp.1-6, 2015年12月
  • 岡見 健利, 森崎 修司, 渥美 紀寿, 山本 修一郎, “目的設定がレビューシナリ オに与える影響の分析”, 情報処理学会研究報告, Vol.2015-SE-190, No.21, pp.1-8, 2015日12月
  • 山本修一郎、要求リスクコミュニケーション、KBSE研究会、2015.10月29日

2014

  • Yamamoto, S., Morisaki, S., An Evaluation of Assuring Test Case Sufficiency using A D-Case Pattern, WOSD2014
  • Yamamoto, S., Morisaki, S., A Method to Design Exception Test Cases, ProMAC2014
  • Shuichiro Yamamoto, Interrelationship among Software Models and Assurance cases, ISEE Symposia Series International Symposium on Practical Formal Approaches to Software Development, 2014
  • Shuichiro Yamamoto, Argument Algebra: A Formalization of Assurance Case Development, JCKBSE, Communications in Computer and Information Science, vol.466, pp.717-725, 2014
  • Nada Olayan, Shuichiro Yamamoto, A Consistency Check of Dependability Case (D-case) Produced from Data Flow Diagram (DFD), JCKBSE, Communications in Computer and Information Science, 466, (2014), 603-616
  • Feng Ding, Shuichiro Yamamoto, and Nda Abrahim, The Method of D-Case Development Using HAZOP Analysis on UML Models, JCKBSE, Communications in Computer and Information Science, 466, (2014), 631-644
  • Tomoko Kaneko, Shuichiro Yamamoto, Hidehiko Tanaka, CC-Case for the System Development over Life-cycle Process, ComSec2014
  • Shuichiro Yamamoto: A Knowledge Integration Approach for Safety-Critical Software Development and Operation Based on the Method Architecture. CD-ARES 2014: 17-28
  • Takuya Saruwatari, Shuichiro Yamamoto: Creation of Assurance Case Using Collaboration Diagram. ICT-EurAsia 2014: 413-418
  • Shuichiro Yamamoto: An Evaluation of Argument Patterns Based on Data Flow. ICT-EurAsia 2014: 432-437
  • Shuichiro Yamamoto: A Knowledge Integration Approach of Safety-critical Software Development and Operation based on the Method Architecture. KES 2014: 1718-1727

研究会

  • 山本修一郎、活動記述に基づく活動完了基準作成法の提案、信学技報, vol. 113, no. 414, KBSE2013-70, pp. 31-36, 2014年1月
  • 村井謙太、山本修一郎、D-Caseを用いたビジネスプロセスの妥当性の考察、信学技報, vol. 113, no. 475, KBSE2013-86, pp. 43-48, 2014年3月
  • 大林英晶、山本修一郎、D-Caseを用いたテスト十分性の保証方法の適用評価について、信学技報, vol. 113, no. 475, KBSE2013-87, pp. 49-53, 2014年3月
  • 松村昌典、山本修一郎、用語関係抽出によるD-Caseレビュー手法の提案、信学技報, vol. 113, no. 475, KBSE2013-95, pp. 97-102, 2014年3月
  • 山本修一郎、要求モデルに基づくアーキテクチャ・モデルの作成法の提案 信学技報, vol. 113, no. 475, KBSE2013-98, pp. 115-120, 2014年3月
  • 山本修一郎、安全フレームに基づくシステム安全情報共有システムの提案、第14回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会、2014年3月10日
  • 山本修一郎,猿渡卓也、議論パターンによるシステム高信頼性保証知識の再利用、第14回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会、2014年3月10日
  • 山本修一郎,操作性要求の定義手法の比較, 信学技報, vol. 114, no. 292, KBSE2014-36, pp. 47-52, 2014年11月
  • 松村昌典森崎修司渥美紀寿山本修一郎, CDM記述のためのコンテクスト抽出手法の能力比較, 信学技報, vol. 114, no. 292, KBSE2014-36, pp.13-18, 2014年11月
  • 村井謙太山本修一郎, アシュアランスケースによるArchiMateのビジネスアーキテクチャの妥当性確認手法の考案, 信学技報, vol. 114, no. 292, pp.19-24, 2014年11月
  • 伊藤一希近藤純平下江 衛森崎修司渥美紀寿山本修一郎, 要求テンプレートを用いた要求分析法の調査, 信学技報, , 信学技報, vol. 114, no. 292, KBSE2014-36, pp.37-42, 2014年11月
  • 大林英晶森崎修司山本修一郎, 要求記述表を用いたテスト項目抽出手法の適用評価について, 信学技報, vol. 114, no. 292, KBSE2014-36, pp.43-46, 2014年11月
  • 山本修一郎, Systemigramとドメインクラス図の比較,
  • 小林展英, 宇都宮浩之, 山本佳和, 山本修一郎, ソフトウェア開発企業におけるD-Case活用方法の提案,

2013

書籍

  • 山本修一郎,アーキテクチャ論,日本経営科学研究所,三省堂書店オンデマンド,2013
  • Shuichiro Yamamoto, Argumentation Patterns for Assurance Cases , AMAZON kindle version, 2013
  • Shuichiro Yamamoto, Pitfalls of Assurance Case Creation, AMAZON kindle version, 2013
  • Shuichiro Yamamoto, System & Software Assurance Case Trends, AMAZON kindle version, 2013
  • 山本修一郎, システムとソフトウェアの保証ケースの動向:要求工学 Kindle版, 2013
  • 山本修一郎, 保証ケース作成上の落とし穴:要求工学 Kindle版, 2013
  • 山本修一郎, 保証ケース議論分解パターン:要求工学 Kindle版, 2013

査読論文

  • Yutaka Matsuno and Shuichiro Yamamoto. A new method for writing assurance cases. Interna-tional Journal of Secure Software Engineering (IJSSE), Special Issue on Cybersecurity Scientific Validation, January 2013. Accepted for Publication.
  • 山本佳和,船守順,山本修一郎,プロジェクトコミュニケーション管理プロセスの適用評価,SEC journal,32, Vol.9, No.1, pp.12-18, 2013
  • Saruwatari, T. and Yamamoto, S., Definition and application of an assurance case development method (d*). SpringerPlus 2.1. (2013)
  • Yutaka Matsuno, Shuichiro Yamamoto: A New Method for Writing Assurance Cases. IJSSE 4(1): 31-49 (2013)
  • Yutaka Matsuno, Shuichiro Yamamoto: A Framework for Dependability Consensus Building and In-Operation Assurance. JoWUA 4(1): 118-134 (2013)
  • Vaise Patu, Shuichiro Yamamoto: A New Approach to Develop a Dependable Security Case by Combining Real Life Security Experiences (Lessons Learned) with D-Case Development Process. CD-ARES Workshops 2013: 457-464
  • Vaise Patu, Shuichiro Yamamoto: Identifying and Implementing Security Patterns for a Dependable Security Case – From Security Patterns to D-Case. CSE 2013: 138-142
  • Nada Olayan, Vaise Patu, Yutaka Matsuno, Shuichiro Yamamoto: A Dependability Assurance Method Based on Data Flow Diagram (DFD). EMS 2013: 113-118
  • Shuichiro Yamamoto, Tomoko Kaneko, Hidehiko Tanaka: A Proposal on Security Case Based on Common Criteria. ICT-EurAsia 2013: 331-336
  • Vaise Patu, Shuichiro Yamamoto: A new model to capture security threat patterns by complying with standards and lesson learned – Archiving dependability for security assurance cases. ISSRE (Supplemental Proceedings) 2013: 17-18
  • Miki Masumoto, Tatsuya Tokuno, Shuichiro Yamamoto: A method for assuring service grade with Assurance case: An experiment on a portal service. ISSRE (Supplemental Proceedings) 2013: 311-314
  • Takuya Saruwatari, Shuichiro Yamamoto, Yutaka Matsuno: A comparative study of d∗framework and GSN. ISSRE (Supplemental Proceedings) 2013: 315-320
  • Masanori Matsumura, Vaise Patu, Yutaka Matsuno, Shota Takama, Tatsuya Tokuno, Shuichiro Yamamoto: A Method to Share Word Knowledge of Dependability Case. KES 2013: 10-19
  • Vaise Patu, Shuichiro Yamamoto: How to Develop Security Case by Combining Real Life Security Experiences (Evidence) with D-case. KES 2013: 954-959
  • Shuichiro Yamamoto: Knowledge Collaboration through Enterprise Information Services. KES 2013: 1038-1046
  • Takuya Saruwatari, Takashi Hoshino, Shuichiro Yamamoto: Method to Share Responsibility Knowledge of Dependability Cases. KES 2013: 1073-1082

研究会

  • 松村昌典山本修一郎松野 裕, ディペンダビリティケース用語構成規則の適用評価, 知能ソフトウェア工学研究会,2013-03-15
  • 山本修一郎松野 裕, ディペンダビリティケース分解パターンについての考察, 知能ソフトウェア工学研究会,2013-03-15
  • 松野 裕, 山本修一郎, アシュアランスケースツールへのプログラミング言語技術の適用, 知能ソフトウェア工学研究会,2013-03-15
  • 山本修一郎, アーキテクチャに基づく検証ケースの提案, 知能ソフトウェア工学研究会,2013-03-15
  • 山本修一郎, ソフトウェア知識体系の次元, 知能ソフトウェア工学研究会,2013-03-15
  • 山本修一郎, ソフトウェア知識体系のメタモデルについての一考察,知識流通ネットワーク研究会,2013,3.5
  • 穴田 啓樹,山本修一郎, 設計情報との関連を考慮した要求定義文書の抜け漏れ防止手法,知識流通ネットワーク研究会,2013,3.5
  • 舟守淳,山本佳和,山本修一郎,組織コミュニケーション状態のシミュレーション手法知識流通ネットワーク研究会,2013,9.28
  • 山本修一郎,生活コミュニケーションの多様化についての考察, 知識流通ネットワーク研究会,2013,9.28
  • 山本修一郎,山本佳和,栗田太郎,坂本佳史, システム開発文書コミュニケーションについての考察, 知識流通ネットワーク研究会,2013,9.28
  • 松野 裕, 山本修一郎,ユースケース分析に基づくディペンダビリティケース作成法の提案, 知能ソフトウェア工学研究会,2013-01-28
  • 金子朋子, 山本修一郎, 田中英彦,セキュリティ保証ケースを用いた対策立案方法の提案,SCIS2013
  • 金子朋子, 山本修一郎, 田中英彦,プロジェクトマネジメントの要求リスクを考慮した保証ケースの提案,2013年PM学会春季研究発表大会
  • 丁 峰・山本修一郎、シーケンス図に基づくディペンダビリティケース作成法の研究、信学技報, vol. 113, no. 71, KBSE2013-2, pp. 7-12, 2013年5月.
  • 松村昌典、山本修一郎、ディペンダビリティケースからの用語抽出実験についての考察、信学技報, vol. 113, no. 71, KBSE2013-7, pp. 37-42, 2013年5月.
  • Vaise Patu、Shuichiro Yamamoto 、A new approach to develop a dependable security case by combining real life security experiences (lessons learnt) with the dependability assurance case (D-Case) development process、信学技報, vol. 113, no. 71, KBSE2013-8, pp. 43-48, 2013年5月.
  • 宇都宮浩之、山本修一郎、松野 裕、中澤輝幸、山本佳和、D-Caseを利用したゴール分析プロセスの提案、信学技報, vol. 113, no. 71, KBSE2013-9, pp. 49-54, 2013年5月
  • Nada Olayan、Shuichiro Yamamoto、Vaise Patu、Yutaka Matsuno、 A Dependability Assurance Method Based on DFD (Data Flow Diagram)、信学技報, vol. 113, no. 71, KBSE2013-3, pp. 13-18, 2013年5月.
  • 山本修一郎、議論分解パターンに基づくディペンダビリティケースの作成実験、信学技報, vol. 113, no. 71, KBSE2013-12, pp. 67-72, 2013年5月
  • 松村昌典、山本修一郎、ゴール構文表を利用したディペンダビリティケースのゴール分析法について、信学技報, vol. 113, no. 215, KBSE2013-41, pp. 31-35, 2013年9月
  • 増元美紀、山本修一郎、非機能要求グレードの大学ポータルサービスへの適用についての考察、信学技報, vol. 113, no. 215, KBSE2013-43, pp. 43-46, 2013年9月.
  • 丁 峰、山本修一郎、シーケンス図に基づくディペンダビリティケース作成法の適用性検討、信学技報, vol. 113, no. 215, KBSE2013-45, pp. 53-58, 2013年9月
  • 山本修一郎, SEMATと保証ケースの関係についての考察、信学技報, vol. 113, no. 215, KBSE2013-46, pp. 59-64, 2013年9月
  • 高間翔太、山本修一郎、運用手順に対するアシュアランスケース作成法の比較評価、信学技報, vol. 113, no. 215, KBSE2013-51, pp. 85-90, 2013年9月
  • Vaise Patu、Nada Olayan、Shuichiro Yamamoto、 A classification method in identifying security patterns for a dependable Security Case — From Security Patterns to D-Case -、信学技報, vol. 113, no. 215, KBSE2013-52, pp. 91-96, 2013年9月
  • 山本 佳和、山本 修一郎、開発文書品質の欠陥モードについての考察、第13回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会、2013年 9月20日
  • 上野肇、山本修一郎、オフショアを活用したアジャイル開発におけるコミュニケーションコスト低減手法の提案、第13回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会、2013年 9月20日
  • 山本修一郎、保証ケース手法に基づくテスト十分性に関する合意形成手法の提案、第13回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会、2013年 9月20日
  • 徳野達也、山本修一郎、高信頼性保証エンタープライズアーキテクチャ標準O-DAの概要と課題、第13回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会、2013年 9月20日
  • 山本修一郎、メソッド・アーキテクチャ手法に基づく重要安全ソフトウェア開発運用手法の提案、第13回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会、2013年 9月20日

2012

査読論文

  • Yutaka Matsuno, Shuichiro Yamamoto: Consensus Building and In-operation Assurance for Service Dependability. CD-ARES 2012: 639-653
  • Shota Takama, Vaise Patu, Yutaka Matsuno, Shuichiro Yamamoto: A Proposal on a Method for Reviewing Operation Manuals of Supercomputer. ISSRE Workshops 2012: 305-306
  • Vaise Patu, Yutaka Matsuno, Shuichiro Yamamoto: Application of D-Case to the Data-Upload Flow Diagram Scenario of the Distributed E-Learning System Called KISSEL. ISSRE Workshops 2012: 307-312
  • Takuya Saruwatari, Takashi Hoshino, Shuichiro Yamamoto: Evaluation of an Assurance Case development method (d*). JCKBSE 2012: 72-80
  • Shuichiro Yamamoto, Requirements Management, OSD Conference, 2012.3
  • Yutaka Matsuno and Shuichiro Yamamoto. Consensus building and in-operation assurance for service dependability. In Proc. of CD-ARES, LNCS 7465, pages 639–653. Springer, 2012.
  • Yutaka Matsuno and Shuichiro Yamamoto. Toward dynamic assurance cases. In Proc. JCKBSE 2012, pages 154–160. IOS Press, 2012.
  • Shuichiro Yamamoto and Yutaka Matsuno. A review method based on a matrix interpretation of GSN. In Proc. JCKBSE 2012, pages 36–42. IOS Press, 2012.
  • Shota Takama, Vaise Patu, Yutaka Matsuno and Shuichiro Yamamoto, A Proposal on a Method for Reviewing Operation Manuals of Supercomputer, WOSD 2012
  • Vaise Patu, Yutaka Matsuno, and Shuichiroh Yamamoto, Application of D-Case to the data-upload flow diagram scenario of the Distributed E-Learning System called KISSEL, WOSD 2012
  • Tomoko Kaneko, Shuichiro Yamamoto, Hidehiko Tanaka, Proposal on Countermeasure Decision Method Using Assurance Case And Common Criteria, promac 2012

研究会

  • 猿渡 卓也,山本 修一郎, Assurance Case作成手法(d*)の適用評価, 信学技報, vol. 111, no. 489, KBSE2011-69, pp. 1-6, 2012.3
  • 山本 修一郎, 組織内SNSを活用した知識創造プロセスについての考察, 第10回 人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会, 2012.3
  • 徳野 達也 , 松野 裕 , ,山本修一郎,エンタープライズ・アーキテクチャに対するディペンダビリティケース作成法の提案,知能ソフトウェア工学研究会, 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(165), 145-150, 2012-07-27
  • 山本修一郎,松野 裕, ディペンダビリティケース作成法に関する一考察 (知能ソフトウェア工学), 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(165), 61-66, 2012-07-27
  • 松野 裕 , パトゥ ヴァイセ ,山本修一郎,アシュアランスケースへの構造化文書の適用に関する調査 (知能ソフトウェア工学), 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(165), 49-54, 2012-07-27
  • 高間 翔太 , 松野 裕 ,山本修一郎,スーパーコンピュータ運用手順に対するディペンダビリティの確認手法の提案 (知能ソフトウェア工学), 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(165), 37-42, 2012-07-27
  • 菅谷 みどり ,山本修一郎,倉光 君郎, オープンシステムディペンダビリティ : 新しいディペンダビリティへの挑戦 (知能ソフトウェア工学), 電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報 112(64), 43-48, 2012-05-25